暑い日が続きますが、今日は夕方から風が涼しくて少し過ごしやすいです。

わが家は、田に囲まれた、わりとのどかな風景の中にあります。
西からの風がよく入るので、よほどの熱帯夜でない限りエアコンは必要ありません。
それも、東西にある窓のおかげです。

ところで、その窓についてのこぼれ話ですが、昔ロンドンでは(16世紀当時)ガラス窓はたいへん高価で、家を留守にする時は、盗まれないようにわざわざ窓からガラスを取り外したほどだったそうです。ガラス窓は装飾のためのぜいたく品と見なされ、税金の対象となっていたんだそうです。これは「窓税」と呼ばれ、窓の数が6つまでなら税金は免除され、7つめから税金がかけられたそうです。
つまり、窓があればあるほど税金が高い!!ってことですよね
都市で暮らす中産階級の人々は、この税金の負担を減らすため、すでに開けた窓を石やレンガを積んでふさいでしまったとか・・・・

窓ガラスが付いている家が当然の現代で暮らすわたしたちにとっては、思いも寄らないことですよね〜

今でも、古い建物の中には、石やレンガでふさがれた窓があるそうです。まさに人とともに歩んできた建物の歴史を感じます



/////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

↑↑↑ワンズスタイルWEB SITE↑↑↑




COMMENT

ヨッシー

2011/07/08 2:37 PM

へぇ〜そうだったんですね。勉強になりました。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top